ホーム > 経営計画

経営計画

アサヒ・ユートピアへの道

アサヒ・ユートピアの実現は「格物」「致知」「誠意」「正心」「修身」「斉家」「治国」「平天下」の善循環

アサヒWay80

アサヒユートピアへの道実現に向けて腕を磨き歩調を合わせる

第5次中期経営計画 基本コンセプト

<2017年〜2019年>

新しい現実への挑戦
— New normAL recycling —

  1. 資源の生かし切り
  2. 国内合金事業での勝ち残り
  3. 非自動車関連事業の伸長

コンプライアンス導入宣言

社員の皆さんへ

昨今、相次ぐ不祥事の発生が企業の信頼を失わせ、経営に甚大な悪影響を与えるという事例が多く発生しています。
企業不祥事に関係すると、経営者、社員を問わず、信用を失い極めてたかいリスクを招くことになるため、ビジネス面での公正で誠実な行動と倫理面での一段と高い判断基準による行動が重要な課題となってきております。
各企業においては、この不祥事を絶えることなくゼロにしていくための倫理・法令を遵守した行動、いわゆる『コンプライアンス・プログラム』を導入しているのが現状です。
当社は、経営の基本的な考え方を示した『経営理念』を念頭に企業活動を行ってきました。
更に、さまざまなステークホルダーズから今迄以上の大きな好意を持って受け入れられる為に、『コンプライアンス・プログラム』の徹底が必要不可欠と判断します。
このため、倫理・法令遵守に沿った『コンプライアンス・プログラム行動憲章』、『コンプライアンス行動指針』を制定いたします。
社員一人ひとりが、『コンプライアンス・プログラム』の観点から、日常心がけていくべき基本的事項を具体的に定め、これを規範としているものです。
当社は、国際社会、市民社会との調和を今迄以上に図りながら、企業としての発展の継続を目指しますので皆さんは、この『コンプライアンス・プログラム』に基づき社会人としての良識と責任有る行動を実践していただくようお願いします。

2017年1月16日
アサヒセイレン株式会社
代表取締役社長 谷山 佳史

人財育成<「知恵」を生み出す段取り>フロー図

アサヒグループ2017年会社目標

<改善なくして業績向上なし>

変わる勇気と変える決断で
一つ一つのプロセスを確立し
「稼ぐ力」を高めよう!
(細かく・うるさく・しつこく)

  1. アサヒセイレン(株) 第65期
  2. 朝日アルミ産業(株) 第37期
  3. アサヒセイレン中部(株) 第11期(通算41期)
  4. (株)三和 第51期
  5. ダイニチ(株) 第43期
  6. エス・エス・アルミ(株) 第48期
  7. 朝康産業(株) 第36期
  8. PT ASK-I 第10期
  9. ウエストン・アルミPTY. Ltd 第21期

各社を実り多い年にしよう!

<創業80周年スローガン>

高い志と大きな夢を描いて 無限の知恵を活かしきり
みんなで築こう幸せを!

アサヒセイレングループ 2017年度(65期) 品質・環境目標

  • 環境目標

    • 燃料原単位削減: 前年度比1%削減
    • 電力原単位削減: 前年度比1%削減
    • 環境クレーム件数の削減: 漏煙・臭い・騒音の外部クレーム0件
    • エコ製品の販売推進
      VE/V6
      • 販売数量: 600t/月
      • 新規開拓: 5社/年
  • 品質目標

    • 顧客満足度の向上(社内、社外)
      • 社外クレーム: 4件以下
        ・合金製造: 5件→3件以下
        ・技術: 3件→1件以下
        ・副原料製品: 1件→0件
      • 社内クレーム
        ・デリバリー課: 23件→16件以下
      • 技術サービスの向上
        ・VOC問題解決件数: 50件/年以上

SP(Sweet Profit)作戦

改善とは、コストをかけずに知恵をしぼり良い方に改めていく事。改良とは、コストをかけて良い方へ改めていくこと。

SP作戦の展開

継続的に課題を発掘・私のシステム効率改善・失敗から課題を発掘